初めてのカラコンの選び方

カラコンって目に直接つけるものなので、最も優先されるべきなのは安全性です。しかし、その安全性は商品によってだいぶ違いがあることが問題になっています。

 

カラコンは高度管理医療機器です

 

カラーコンタクトレンズは厚生労働省により「高度管理医療機器」に指定されています。これは心臓のペースメーカーと同じくらい管理に適切な処理が必要なものなのです。

 

でも中学生、高校生になり初めてカラコンをつけたいと思ったときに、眼科の診療を受けずにいきなり買ってしまうケースが多いです。

 

ワンデーアキュビューなどを販売するメーカー「ジョンソンアンドジョンソン」がカラコンユーザー500人に調査したところ、カラコン購入時に眼科を受診しなかった中高生はなんと57%を占めています。

 

カラコンは洋服と違って目に直接つけて使うものなので、間違った使い方をすると目に深刻な傷を負ってしまう可能性もあります。

 

初めてのカラコンだからこそ慎重に選ぼう♪

 

ファッション雑誌を開けばカラコンに関する情報が溢れており、製品の種類も本当にたくさんあります。世間に影響力の強いモデルさんがイメージモデルを務めているとほしくなるのも分かります。
最近は中学1年生になったらカラコンデビューを考える女の子が多く、親にも学校にもバレないような、自然に見えてバレにくいのに目が盛れるカラコンを購入するようです。

 

でもだからこそ、目の安全について正しい情報を得て、本当に安全な商品を見極めるようになってほしいと思います。特に中学生や高校生の場合、カラコンが初めてのコンタクトレンズだという人も多いです。なのに眼科も受診せずにカラコン購入するのは危険極まりないと言えます。

 

目は一生ものです。この先ずっとつきあっていく目がいつまでもきれいで健康であるためにまずは眼科を受診するのを面倒くさがらないでください。

 

国民生活センターの調査によると人気のカラコン20商品の安全性をチェックしたところ、19商品に問題が発覚しました(2014年5月)

 

「HP記載の情報と実測値が異なる」「色素が瞳に直接触れる」など安全性に問題があることが分かったのです。そして本当に安全なカラコンはなんと「ワンデーアキュビューディファイン」だけでした。市販の人気カラコンはあまり信じない方がいいのかもしれませんね。

 

もっとも安全で付け心地がよい初心者向けカラコン!

ワンデーアキュビューディファインの購入はこちらからどうぞ♪

ワンデーアキュビューディファイン